経営革新を先導する、
「環境創出プロデューサー」として。

企業・団体の経営革新を先導し、社会の発展に貢献する——JMAホールディングスは、日本能率協会グループの理念を体現するグループ株式法人4社の持株会社として設立されました。

異なる才能を有機的にコレクティブ(集団)させ、天才的な成果を創造する。日本能率協会は、戦後すぐに「集団天才(Collective Genius)」というコンセプトを生み出しています。そして、この概念はグループのDNAとして根づき、これまでの成長と発展を支える原動力になっています。

JMAホールディングスの使命は、「集団天才」のコンセプトを実践し、「グループシナジーを最大化」することです。それぞれが自立した経営を行う、グループ4法人が有機的にコレクティブできるよう、「経験交流の活発化」「情報共有化の促進」「創造機会の提供」などを行っています。

ここから生まれた連携事業や新事業が、あらゆる企業・団体の経営を革新し、やがて、社会の発展につながっていく。私たちは、集団天才を実践するための「環境創出プロデューサー」としての役割を果たしていきます。

株式会社JMAホールディングス
代表取締役社長

加藤 文昭

Page Top